当院の強み

歯周病治療

歯周病についてご存知ですか?

「ブラッシングの際に血が出る」「歯ぐきが腫れている」といった症状がありませんか? もしかしたらそれは、歯周病の兆候かもしれません。日本は「歯周病大国」と呼ばれており、30代の約8割が歯周病だといわれています。
歯周病は、歯周細菌と呼ばれる細菌が、歯茎の内側に入り込むことで発生します。歯周病が進むと、歯ぐきだけではなく、歯を支えている顎の骨(歯槽骨)にまで炎症が及びます。進行を抑えられなければ歯を支えることが困難になり、最終的には歯を失ってしまう恐ろしい病気です。
歯周病を予防するには、早期発見・早期治療が欠かせません。

自分でできる歯周病チェック

下記の項目の中で当てはまるものが1つでもある場合は歯周病の可能性があります。早期発見・早期治療を行う事で歯周病の進行を止める事ができます。
一度当院へご相談下さい。

  • 歯ぐきが赤く腫れている
  • 歯と歯の間に隙間ができた
  • ブラッシング時に出血する
  • 口の中がネバつく
  • 歯がぐらつく
  • 口臭が気になる

歯周病治療の流れ

歯周病の検査
歯周ポケット診査、レントゲン撮影、口腔内撮影を行い、一人一人に適した治療を行います。
歯石・プラーク除去
「スケーラー」と呼ばれる器具を用いて、歯周病の原因となる歯石や歯垢(プラーク)を除去します。軽度の歯周病に対して行う治療になります。治療後は衛生士による歯みがき指導や歯間ブラシ、デンタルフロスなどで歯石や歯垢を付きにくくする指導も行います。
ルートプレーニング
歯周病が進行すると歯周ポケットが深くなるため、スケーリングだけでは奥深くの歯石を取ることができません。そのため、スケーリングだけでは歯周病が改善しない場合には、奥深くの歯石や感染した歯質をきれいに取る必要があります。
ルートプレーニングとは、この奥深くの歯石や感染した歯質を専用の器具を使ってきれいに取る治療をのことを言います。
歯周外科治療(フラップ手術)
スケーリングやルートプレーニングを行っても、なかなか改善しないことがあります。その場合は、麻酔をかけて歯肉を切り開き、歯石、膿、炎症を起こした歯肉を切除します。最後に元通り縫い合わせて完了です。

歯周病の再発を防ぐために

歯周病の治療が終われば、それで後は何もしなくても良いというわけではありません。
そのため、再発を防ぐために歯周病の治療後の定期的なメインテナンスが重要になります。

ブラッシング指導
当院では、虫歯や歯周病対策としてブラッシングの指導を行っています。
磨き方のみならず、歯ブラシの種類、デンタルフロス(糸ようじ)の使い方など、患者様個人に合った磨き方をアドバイスさせていただきます。
歯のクリーニング(PMTC)
PMTCとは、Professional(専門家が) Mechanical(専用の機械で) Tooth(歯面を) Cleaning(クリーニングする)の略で、歯科医師・歯科衛生士が機械を使って行う、本格的な歯のお掃除のことです。
お口の中にはホームケアだけでは取り切れない歯石・汚れ・バイオフィルム(口の中の細菌の巣)などが付着しています。毎日の歯磨きにプラスして、定期的に歯科医院へ通い、歯にこびりついた頑固な汚れを落としていくことが大切です。

医院情報

アクセス

〒183-0005
東京都府中市若松町2-4-14

アクセス方法

診療科目

診療日時

月~土
9:30~13:00
14:30~20:00

休診日:木曜・日曜・祝日